『Scratch』コンピュータプログラミング教材スクラッチとは?【ワークセンター藤沢】就労移行支援で学べる!

ワークセンター藤沢の就労移行支援ではスクラッチを学ぶ事が出来ます。

スクラッチはアメリカにあるMIT(マサチューセッツ工科大学)が「教育の場で、より分かりやすく情報処理の技能が学べる」ように開発された、プログラミング教育ソフトです。

プログラミングというと、文字が羅列した難しそうなものをイメージしてしまいますが、スクラッチは視覚的に分かりやすくプログラミングができ、アニメーションやゲーム、音楽などを作ることができます。

ここではスクラッチについての紹介と就労移行支援でスクラッチを学ぶメリットなどを紹介させて頂きます。

スクラッチとは?教育現場で高まる情報教育に活用

スクラッチとは、アメリカにあるMIT(マサチューセッツ工科大学)が「教育の場で、より分かりやすく情報処理の技能が学べる」ように開発された、プログラミング教育ソフトです。

昨今パソコンやタブレットだけでなく、スマートフォンやテレビ、ビデオといった携帯電話・家電においても、情報端末としてのさまざまな機能が利用されるようになりました。

今後、様々な場面で今以上にプログラミングが必要となると考えられています。
スクラッチは、難解なプログラムの規則を「記号」や「やさしい言葉」、「見分けやすい色」を用いて簡単に作れるよう開発されています。

積み木を組むようにプログラミングを身に着けられる、プログラマーの入門ツール・子どもや初心者に向けに作られた教材です。

2020年から始まる小学校教育でのプログラミング学習は、プログラミング的思考を身に付けることを目的とされています。

学校現場でのプログラミング学習でもスクラッチは益々利用されることが予想されます。

就労移行支援で行うスクラッチを使ったプログラミング学習

スクラッチは小学生やプログラマー入門者に多く使われています。

就労移行支援でスクラッチを使用するメリットとして

  • パソコンの基本操作
  • 集中力が身につく

というメリットの他、

  • 自分で考えたアイデアやイメージを形にする力と作り出す力
  • 物事を順序立てて考える力
  • 問題を解決する力
  • 論理的思考力

こういった力が【楽しみながら身に付けられる】というのがスクラッチを学ぶ魅力です。

このスクラッチを就労移行支援で学習することにより、本格的にプログラミングを学ぶ際にプログラミング的な考え方が身についているため習得しやすいというメリットがあります。

プログラミングを継続して学ばない場合でも、スクラッチを使ったプログラミングを通して身につく論理的思考力・問題解決能力は実生活や就業においても大きく役立つことが期待できます。

Scratchの使い方をざっくり説明

機械に命令する「プログラミング」は正しい規則に沿っていなければ、うまく動作してくれません。

プログラマーと呼ばれる職業の人たちはその“規則”を把握した上で、ソフトウェア・アプリといったものを作っています。

スクラッチは、その難解なプログラムの規則を、「記号」や「やさしい言葉」、「見分けやすい色」を用いて簡単に作れるよう開発され、積み木を組むようにプログラミングを身に着けられるようになっています。

視覚的に分かりやすくプログラミングをすることができます。

ワークセンター藤沢 就労移行支援『スクラッチ』を体験しよう

パソコンに慣れていない方や初めてスクラッチの画面を見る方は『難しそう』『私にできるかな・・』と心配になられる方も多くいらっしゃいます。

ワークセンター藤沢では、パソコンに慣れていない方にはノウビーという学習システムを使ってまずパソコン操作の基本を学んでいただけますので、パソコン初心者でも大丈夫です。

画面や出来上がったものを見ると難しそうに感じてしまいますが、少しずつステップアップしていけるので無理なく学習を進める事が出来ます。

難しく考えずに少しでも興味があるならぜひ体験にいらしてください!

スクラッチを体験してみましょう♪

ワークセンター藤沢では見学、体験を随時実施しています。

体験は3日間設けていますので、スクラッチの体験や他のワークセンターの就労支援プログラムも見て頂くことができますよ。

関連リンク

お気軽にお問合せください。0466-54-9521営業時間 9:00-17:00 [平日]

メールお問い合わせはこちら 見学・体験随時受付しています!