政府の定めた「障がい者を支援」する制度

平成24年に政府より障害者をより、社会の一員として支援・介護・補助等を目的とし、「障害者総合支援法」が整備されました。

障害者の自立を目指した、就労の支援がいくつか設けられ、行政の認可を受けた法人等が、その福祉事業を運営するように定められています。

また、「障害者雇用促進法」により、障がい者に対して、職業訓練や職業紹介、職場適応援助等の職業リハビリテーションを実施し、それぞれの障害特性に応じたきめ細かな支援がなされるよう配慮しています。

障がい者就労支援事業所の種類

  • 障害者就労移行支援事業
  • 障害者就労継続支援A型事業
  • 障害者就労継続支援B型事業
  • 障害者就労定着支援事業

ワークセンター藤沢で行っている支援事業

わたしたち「ワークセンター藤沢」では、これらの就労支援のうち「就労移行支援」と「就労継続支援A型」の事業をおこなっております。また、それ以外の「就労継続支援B型」と「就労定着支援」についても、つぎのページにて詳しく説明していますので、そちらをご覧いただくのも良いと思います。

関連リンク

厚生労働省:「どこへ相談すればいいか分からない方へ」(pdf形式ファイル)

お気軽にお問合せください。0466-54-9521営業時間 9:00-17:00 [平日]

メールお問い合わせはこちら 見学・体験随時受付しています!