防災・火災訓練

今年の夏は、災害の多かったように思えます。

暴風雨、洪水、台風、地震…。日本で「防災の日」とされている9月1日は、1923年に「関東大震災」が起きた日で、戦後しばらくした後その日に防災訓練をするような習慣が定着しました。

関東大震災で被害がかなりの数に上ったのは、揺れによる被害と共に、お昼ごはん時の煮炊きで使う火が火災を及ぼし、それによる延焼がより多くの死傷者をだしたと言われています。

災害に備えよう!

わたしたち「ワークセンター藤沢」でも、今後いつ災害に見舞われるかもしれない事を考え、火災訓練を実施いたしました。

想定としては、午後「仕事・作業や訓練プログラム実施中」に「建物裏の屋外」で「火災が発生」したと状況。職員が見つけ、119番に電話で通報(というシミュレーション)、利用者は火災発生場所とは逆の通用口から、職員の誘導で避難。そのあと、安全な場所まで離れたら点呼・メンバーが全員居るか確認するといった流れでした。

そのあと、「自分たちも火事を見つけた時の初期消火」をできるならばやれるようにと、通常消火剤などが入っている消火器の中身が水のものを、今回のために用意してきたので、みんなで燃えている火にみたてたカラーコーンへ向けて、消火の訓練をおこないました。

手順としてはこのような流れ。

  1. 上にある、安全ピンを抜きます
  2. ホースをクリップから外して火に向けます
  3. もう片方の手をグリップの下を支えにしつつ上から押すように握ります

の三つです。最初はみんな「おっかなびっくり」な様子でしたが、全員ちゃんと的に向かって水を当てることができました。

本当の火災の場合、その規模や燃えている物・素材での煙りの具合などでも、素人が小さな消火器で扱える場合とできない場合とあるでしょうが、「大きな火にしない」ために小さい火災は可能ならば個人でも消火する。のがベターと言えるでしょう。

みなさんも万が一に備え、災害の対策・起きた場合への備えをしておいてはいかがでしょうか?

お気軽にお問合せください。0466-54-9521営業時間 9:00-17:00 [平日]

メールお問い合わせはこちら 見学・体験随時受付しています!