就労移行支援でお散歩プログラム 日大のバラ園に行ってきました。

11月になり寒い日も出てきましたが、外に出かけるのが気持ちの良い季節♪

ワークセンター藤沢では屋外での活動もプログラムに取り入れています。本日のプログラムは『お散歩プログラム』です。

日大のバラ園へ散歩に出かける

ワークセンター藤沢は小田急江ノ島線六会日大前駅の東口です。

西口には日本大学があります!ひろーい日大の敷地の中には、生物自然科学部や日本大学付属の幼稚園~高校などが併設されています。

日大の生物自然科学部には動物や自然科学に関する学科があるため農場が併設されているので、牛さんや豚さんもいます。

→ 日大の農場のWEBサイト

→ バラ園の施設概要、開園時間など

日大の正門の近くでは学生さんたちが実習で育てた農産物の販売もされているんです。

その農園に湘南地域でも有数の規模であるバラ園があり、自由に見学ができるようになっています。

ワークセンター藤沢からは徒歩15分程度。

 

散歩にはもってこいの距離なので、見ごろを迎えたバラを見にでかけてきました。

日大生物自然科学部のバラ園には約400種類のバラが栽培されていて、品種だけでも35種類もあるそうです!

去年も同じバラ園へ散歩にでかけましたが、今年はバラ園へ行くのが初めてという利用者さんも多く、近くにこんなところがあったんだ~と驚き&綺麗なお花にとっても癒されてきました。

 

バラには1つずつ名前が付けてあり、いつもお花の名前など気にしていなかった方も支援員も含め、へ~~、、ほーーーー、、なるほど~、、、おもしろーい♪

と、名前を見るだけでもかなり楽しむことができました。

また、バラに関する豆知識なども掲示されていました。

薔薇の実は古代ローマではオリーブと同じように食べられていて、日本でも沖縄などの遺跡では、薔薇のタネが見つかったり書物にも記載されているそうです。江戸時代になり、日本も裕福となり薔薇も食用から観賞用になったのだそうですよ。

 

そして、現地ではスケッチもしました。

 

みんな上手!

バラ園は5月と10月下旬に満開を迎えるそうです。

11月になっていたので、バラの咲き具合は少し寂しい感じでしたが秋空がとてもきれいで良いお散歩ができました。

就労移行支援でお散歩プログラム

散歩は体を動かすというだけでなく、幸せホルモンと言われるセロトニンが分泌されて幸せな気分になる、日光を浴びることで体内時計が整う、精神を落ち着かせる副交感神経の働きを高めてくれる効果がある。など色々な効果があると言われています。

ワークセンター藤沢の周りにはお散歩スポットがたくさんありますので、良い季節にはお散歩プログラムもたくさん取り入れています。

1人ではなかなか行かない散歩も、みんなで行くと違った発見もありとても楽しいですよ。

もちろん、参加は自由です。

ワークセンター藤沢では楽しく無理なく参加ができるプログラムを用意しています。

ぜひ、お気軽に見学に来てみてくださいね♪

 

 

お気軽にお問合せください。0466-54-9521営業時間 9:00-17:00 [平日]

メールお問い合わせはこちら 見学・体験随時受付しています!